スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックステップ

もうだいぶ放置していましたが、リアキャリパーと同時にバックステップも取り付けました。
ノーマルで特に不満はなかったのですが、将来シートを別の形状のものに交換予定ですので、そうなると短足の私にはステップ位置ももう少し上のほうがいいかなと思いまして。
まぁ、R用のステップに換えるのが一番安上がりなのですが、せっかくなのでバックステップにしてみました。

というわけで、例の如く世界中を探し回り、以下のものが候補に上がりました。

・ベビーフェイス
・アエラ
・BKG
・ウッドストック
今回は、珍しく日本製のものが多いです。

まずベビーフェイスですが、これは多くの方が取り付けているのではないでしょうか。
かっこもいいし、値段もお手頃、操作性もなかなかのようです。

次にアエラ。アエラは、なんといってもMリンクが魅力的です。
価格相応の機能や精度ではありそうなのですが、やはり値段が高額なのとデザインがシンプルすぎるのがちょっと・・・。

BKG、ここはドイツのメーカーです。
BKGは、まずデザインがかっこよすぎます。そして、56通りから選べる豊富なカラー。
ステップ位置の決め方も面白い方法で、最後まで迷いました。
http://shop.bkg-bikeparts.de/product_info.php?info=p90_Fu-rastenanlage-Buell-XB-9-R--12-R-S.html&XTCsid=5ce60a08fb54dcd13586a861243fbb1b

そして、BKGと迷った挙句決めたのがウッドストックのものです。
決め手はMリンクであることと、ブレーキにスプリングが使用されていたこと、そこそこのデザイン、そこそこの価格であることでしょうか。








取り付け後のブレーキ側。




DSC_2070.jpg

同じくシフト側。



取り付けた感想

まず見た目ですが、やはりMリンクが目を引きます。
個人的には全部黒のほうが好みでしたが、まぁ許せる範囲です。
また、取り付けに際しては、ノーマルのチェンジペダルが付いていたところを隠すメクラをディーラーで注文しておきました。
悪いところは、取り付け後1ヶ月ほどしたらリンク部が錆びてきたところですね。早すぎです。。。



操作性

ウッドストックのステップは、元々R用なので低い位置に設定してもRのポジションとなります。
とりあえずは高さノーマル、12mmバックで取り付けてみました。
Scgノーマルシートでは若干の窮屈感はありますが、慣れれば問題なさそうです。
シートは変更予定なので、変更後は丁度よくなってくれると思います。

次に、乗ってみるとまず気付くのが剛性感です。
ウッドストックのステップは固定式を採用しているので、旋回時、直進時共に非常にカッチリとした感じが得られました。
転倒時のダメージは大きそうですが、この感覚は一度味わったら病み付きになりそうです。

サイドスタンドの出し入れが非常に困難になりました。
駐車毎にあたふたと手間取ってしまいます。

ブレーキのスプリングは、実際に手にとって見るとワイヤーが細く貧弱すぎて、手で簡単に伸縮することが出来てしまいます。
ブレーキのタッチ自体も別段いいという訳でもなく、これは、はたして意味があるのでしょうか・・。

シフトフィールは、ノーマルと違ってアソビが無くなり、ストロークも小さくカチッとしたフィーリングになります。
そのためか、ニュートラルを出すのが非常に困難です。
信号待ちでニュートラルを出す間に青に変わってしまいます・・・。
クラッチが軽いのが唯一の救いですね。
リンクを調整すれば、ニュートラルをもっと出しやすくなるのでしょうか。。。

最後に、このバックステップで一番まずかったのがペダルの横方向に発生するガタです。
取り付け後に軽く確認したのですが、甘かったようです。
元々ケースとペダルのクリアランスがギリギリだったのですが、ペダルがケース側にガタガタするおかげでシフトチェンジ時にシフトペダルが横にずれ、ケースを削ってしまいました。
Sのポジションがアップライトなので、それに合わせてペダル位置も上にしたのも悪かったのですが・・・。
その後ケースと干渉しないところまでペダル位置を下げたものの、やはりケースの傷が目立ちます。(画像参照)
簡単には修復できない所なので、かなり残念です。

BKGを選んだほうが幸せだったかもしれません・・・。


満足度 ★★

スポンサーサイト

ASB

エンジンヘッドからのオイル漏れを修理してもらうべく、マフラーを戻すためにガスケットを買っておかねばと久々にASBを覗いてみました。
なんせ、ガスケットをディーラーで購入すると2つで3000円くらい取られたもので・・。
で、どうせなんで色々眺めてるとNew PartsにRear Brembo Brake Conversion Kits For XBなるものが。。。。
どうやらこのキット、ホースもキャリパーもブラケットもセットでしかもキャリパーをスイングアーム裏に隠せるという・・・




見なきゃよかった・・・・。




あと半年早ければなあ。。
まぁ、今更あーだこーだ言うのもあれですが、このキットのすごいところは値段ですね。
たった2万ちょっとでキャリパーはおろか、ホースやバンジョーボルト、ワッシャーまで入っているなんて日本で揃えるよりも1万円以上はお買い得なのでは?
それに加えてスイングアーム周りもスッキリとくればもう・・・
リアブレンボ化を検討中の方、如何でしょう?

http://www.americansportbike.com/shoponline/ccp0-prodshow/K16185.html


ノーマルECM

レースモジュールを手に入れたので、ノーマルモジュールは初期状態に戻すことにしました。
しかも、思い立ったが吉日!が座右の銘?の私は、無謀にも今日という日を選んでしまいました。
燃料・点火共に全てのセルで書き換えていたので3時間半かかりましたが、なんとか雪が降る前に終わりました。
これで点検や車検時でもモジュールを差し替えるだけで済みそうです。
まぁ、レースモジュールや書き換えたままのECMでディーラーに出したところで、文句を言ってくるようなディーラーさんではないのですが。

さて、レースモジュールのほうですがAFVが低下してしまうので、先日たーしさんにレースモジュールの解析をしていただきました。
たーしさん、この場で改めて御礼申し上げます。
マップの内容について、たーしさんにお願いした身なので私からは公表はできませんが、TPSと回転数の軸がノーマルモジュールと異なるので完全移植は難しそうです。


あと、どこかの掲示板で09にBuell Leoのマフラーを着けたいというのを見たのでなぜかここで答えてみます(笑)
2ヶ月くらい前に音量を調節できるマフラーの購入を考えていたのですが、そのときにエキパイもFree Spiritsのものに換えようと思っていました。
で、触媒付きマフラー対応のエキパイもあるのか問い合わせた結果、今は無いけどもうすぐおもしろいのが出るから待て!とのことでした。
そして、つい最近出たようですが、これがまたおもしろく、なんと付属のアタッチメントでマフラーの入口が大きいのも小さいのも両方取り付けられるやつでした。
これなら車検時にもエキパイをはずすことなく純正に戻せますね。
10年式用のもあるので、09以降のXBで純正レースマフラーやストライクウェポンなどを着けたい方、どうでしょうか?
私だったらQDのスリップオンにいってみたいですねえ。




追記

訂正とお詫びです。

先日、上記のエキパイを購入しようと思って別のショップに改めて問い合わせたところ、2008以降のマフラーしか取り付けられないとの回答でした。
Trojan-horseの方も商品が発売前だったのか、商品の情報があまり伝わっていなかったようです。
ここをみて興味を持たれた方、誤った情報を流してしまい大変申し訳ございません。


RS409 headers
Next Page »

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。