スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修復

ワインディングハント前のことになりますが、先日車体を倒して損傷してしまった部分を修理しました。

損傷部分と修理方法は、以下の通り。

・塗装が剥離しかけているエアクリカバー
 ⇒そのまま
 一番直したい部分ですが、仕方なしです。


・一応役に立ったフロントアクスルスライダー
 ⇒そのまま
 もうちょっとスタイリッシュなものに変更したいのが本音ですが、これはこれでいいかなと。


・擦れたミラー&バーエンド
 ⇒そのまま
 高いので・・・。


・先端だけ折れたブレーキレバー
 ⇒新品に交換
 こちらも高い・・・。そのままor接着剤で復元でも性能的には問題ないですが、さすがにそれではみっともないので交換。


・曲がったステップ
 ⇒新品に交換
 ステップ1本4200円でした。割と良心的でしょうか。


・フレームカバー
 ⇒エポキシで修理
 とりあえず自分で修復してみましたが・・・。


・ハンドルバー
 ⇒他社製に交換
 曲がっていたようなので交換。


てな感じです。


フレームカバーは、表面のクリアが割れただけだったので、クリアが割れて白くなった部分を取り除いて、カーボンがむき出しになった部分をエポキシで埋めてみました。
DSC_0621.jpg
エポキシ。
これで200円くらいです。


で、やってみました。
DSC_0705.jpgエポキシは、透明タイプとのことでしたが黄色っぽいです。


寄ると
DSC_0703.jpg適当にやりすぎました。
丁寧にやればもうちょっと目立たなかったかもしれません。



ハンドルバーのほうは、元々付いていたものが単なるステンレスのパイプでした。
ステンのパイプごときをイタリアから取り寄せるのは馬鹿らしいので、代用品にチェンジです。
DSC_0618.jpg
デイトナの汎用アルミハンドルバー
処分特価で2000円でした。


元のハンドルと比べてみる。
DSC_0619.jpg結構曲がっていました。


付けた感じは・・・
DSC_0620.jpg
ここだけは、転倒前よりもゴージャスになった気がします。


その他、振動でナンバープレートが割れたり、チンスポイラーの取り付け部が割れたり、飛び石でチンスポイラーの塗装がはがれたりしてます。
まぁ、バイクは乗ってナンボなので、こればっかりは仕方ないですね。

「修復 」へのコメント

ビューエル始めました。さんが一生懸命修理をしているころ、ジョン吉は爆睡、深い夢の中・・・。
まさか翌日、その天罰が下ろうとは・・・
ワタクシも愛車が帰ってきたらコツコツ修復します^^

黒いハンドルバー いい感じっすね。
最近、ツヤありブラックが好きな私。

ジョン吉さん、こんばんわー

実は、ワインディングハント前日のトラブルというのはこれとは別で、ハンドル交換後のミラーの取り付けがどうにもうまく行かずに取れてしまうという現象が発生していたのです。
問題が解決したのは午前3時頃で、ワインディングハント当日は、ずーっと意識が朦朧としていました。(笑)
というわけで、もしかしたら私も事故っていたかもしれません。

yamatonさん、どうもです~

黒いハンドル、最初からこれを付けていれば良かったと反省してます。
アルミの削りだしなので車体を倒しても曲がらなそうだし・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「修復 」へのトラックバック

http://buellhajimemashita.blog84.fc2.com/tb.php/105-230d17cc

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。