スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルトテンショナー

DSC_1218.jpg

我が家では、家からバイクを出すのに5~8回くらい切り返しを行わないとバイクを道路に出せません。
さらに、バイクのエンジン音がうるさい為、道路へ出したところからバイクを押して上り坂を上って住宅街から30メートルくらい離れた所でエンジンをかけています。。
この作業だけで息は切れ、大汗を汗をかいてしまいます。
この原因の一つには、やはりベルトドライブ特有の取り回しの重さがあると思い、Torojan-horse racingにてベルトのテンションを10,5kgに保つというFree spirits製ベルトテンショナーを購入してみました。

さて、届いたテンショナーの取り付けです。
取り付け方法は、ノーマルのプーリーを付け替えるだけなのですが、プーリーのナットが非常に硬く、しっかりした工具が無かったので外すのにかなりの時間を費やしてしまいました。
また、プーリーを付け替えて車体に取り付けるときにプーリー軸のナットが車体の外側にくるように取り付けないとオイルラインに干渉してしまいます。(ノーマルではナットが車体内側)
ここら辺を説明書に書いてくれていればいいのですが・・・部品の精度や品質が良いだけに勿体無いです。

テンショナーを取り付け後に走行、取り回しをしてみました。
まず取り回しですが、動き始めが僅かに軽くなったかなと思う程度でバイクを出すのには相変わらず苦労します。。
次に走行時ですが、リアサスの動きが驚くほどしなやかになりました。
特にギャップを越えた時などは、今まであった角が取れたような感じがしてとても乗り心地が良いです。

交換した変化を体感できる部品でしたが、期待していた取り回しが思ったよりも改善できなかったのが残念です。

満足度 ★★★

「ベルトテンショナー 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「ベルトテンショナー 」へのトラックバック

http://buellhajimemashita.blog84.fc2.com/tb.php/15-a11459ae

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。