スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全開制御装置エミュレーション



ECMをBUE1D130に更新して以来、全開制御装置をはずしたことによるエンジンチェックランプの点灯が続いていました。

そんなうちの不良息子を更生させるべく、ダミーの全開制御装置を与えてあげることにしました。

用意するものは、
・取り外した全開制御装置
・適当な抵抗(今回は、50Ωを使用)
・はんだ、はんだ小手
・ニッパー
・ボックス
・お好みで基盤
・コーキング材

はんだやコーキング材は家にあるので、200円でお釣りがきます。

部品が準備できたらダミーちゃんの製作にかかります。
使える配線は、装置から直接出てるものと、延長コードの2つあります。
2つ作って片方を嫁に出すのもいいでしょう!
今回は、装置側の配線を使いました。
1 ニッパーで装置から配線を切り離す。
2 ニッパーで配線の皮むき
3 ボックスに配線を通す穴を開ける。
4 ボックスに配線を通す。
5 配線と抵抗をはんだ付けする。
6 抵抗をボックスに収納する。
7 配線とボックスの隙間をコーキングする。
8 乾いたら車体に取り付け。

作業終了まで10分かからなかったでしょうか。
取り付けて走行してもチェックランプは付きませんでした。
どうやら反抗期は終わったようです。

あ、素人が適当に行った作業なので、くれぐれも参考にしないでください。

「全開制御装置エミュレーション 」へのコメント

全開制御装置って、うちの子にも付いているんですかね? 外してみたいような気もしますが、そもそもあんまり全開にしたことが無くて・・・(笑)

P.S. もしご迷惑でなければ、こちらのBlogにリンクをさせて頂いても宜しいでしょうか?いつも参考にさせて頂いていますもんで・・・(お気に入り的に)

ジョン吉さんの9SXちゃんは、どうなんでしょう??
セクシィなトランスルーセントなので、エアクリカバーの左側から中を覗けばチラ見できそうです!
銀色の空き缶みたいなのが横たわっていれば、それがそうですよ!
4,5速の全開時に作動するようですが、私もそんなに回したことないです(笑)

こんなブログでよければぜひともリンクさせてください!
私のほうもそんな機能があればジョン吉さんのブログを登録しておきます!
これからもよろしくおねがいします~

はじめまして♪
10yXB12Rを購入してから本ブログをとても参考にさせて頂いております。
今回、10yModelのA.I.S取り外しTestを行ったところ同じくチェックランプが点灯しました。
この記事を参考に50Ωをミニトイツカプラーに仕込んでみた所、見事消灯しました。
お礼とご報告を兼ねてご挨拶とさせて頂きます。
これからも楽しみにしております。

OneJackさん、はじめまして!

カキコありがとうございます~!
OneJackさんのお役に立てたようで、とっても嬉しいです。

さて、全開制御装置のキャンセルですが、車両が戻って来次第バージョン2の実験を行う予定です。
ソフトでキャンセルする方法もあるようですが、次回の方法が成功すればもっと簡単、もっとスマートな警告灯の消し方になると思います。
これからもビューエル始めました。ブログをよろしくおねがいします~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「全開制御装置エミュレーション 」へのトラックバック

http://buellhajimemashita.blog84.fc2.com/tb.php/31-98c10142

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。