スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セパハン化とトレイルキット取り付け

シングルシートといえば、セパハン。
セパハンといえば、シングルシートという、勝手な思い込みによりScgをセパハン化です。

しかし、サスペンション交換、シングルシート化、セパハン化となると、どう考えてもファイアーボルトを買っていたほうが安くついたのは言うまでもありません。

まぁ、そんなことはあまり考えたくないのでどんどんいきます。
まず用意したのは、American Sports Bikeのクリップオンスタイルハンドルです。

227728.jpg

このハンドル、あくまでセパハン風のハンドルですが、ノーマルのトップブリッジ・ケーブル類をそのまま使えて、色も黒とシルバー、垂れ角も選べるのがうれしいです。

しかし

この画像を見れば見るほど違和感を感じてきました。
要するに

これは自分のイメージしているセパハンじゃない。

という結論に至ったわけです。

で、Trojan-horseにてFree Spiritsのカフェレーサーコンバージョンキットを購入。

90525133.jpg

このキット、ライトニングでは難しかったセパハン化を実現させたキットのようで、Trojan-Horseの説明には取り付けに関して Never fear... なんて文字が躍っています。

そんなことも書いてあったので取り付る前までは特に何も気にしていなかったのですが、いざディーラーさんに取り付けてもらったところ・・・

このトップブリッジの構造上、そのまま取り付けるのは極めて危険です!

と宣告されました。
他に同商品を取り付けている方もいると思うので詳しくは書けませんが(セキュリティにかかわることなので)、Free Spiritsがなぜこのような仕様で販売しているのか全く理解できません。
製造元にメールしても そういう構造になっている。 の一言で終わってしました。
なにが Never fear... なんだか・・・

結局この問題は色々と加工することで回避できましたが、製造元や販売元はセキュリティにかかわることなので商品ページでしっかりと説明するべきだと思いました。


次に、フォークをオフセットするExtra Trail Kitも取り付けです。
取り付け自体は、メカニックさんが専用SSTにてきれいに取り付けてくれました。

しかし、こちらも問題発生です。

こちらはあらかじめ予想していたことですが、ハンドルをフルロックする前にトップブリッジがフレームに当たってしまいます。

DSC_0172.jpg

これは、トレイルキット自体が純正のステムベアリングよりも厚みが若干薄いのと、やはりオフセットしたためであると思います。

しかし、その他にも問題が出てきまして、エアクリカバーを乗せてハンドルを切ってみたところ、エアクリカバーがステムシャフト部のトップブリッジに今にも当たりそうな状態であることが判明。

ハンドルの切れ角だけだったらロワーブラケットのストッパーに何かを挟んで切れ角を減らしたあと、ベアリングとトップブリッジの間にスペーサーを噛ませれば解決できそうですが、社外のエアクリカバーと干渉してしまうのであればはずすしかありません・・・。

ということで、トレイルキットは一番楽しみにしていた部品だったのですが、泣く泣く諦めることになりました。
トレイルキットは、おそらくノーマルエアクリカバー、ノーマルトップブリッジでしたら問題無く付いてハンドルもフルロックできるのかもしれません。



おまけ

DSC_3283.jpg

水木しげるロードにて、今人気のオカちゃんを発見しました。


DSC_3366.jpg

規模は小さめですが、商店街全体で内容の濃い町おこしをされています。

DSC_3344.jpg

DSC_3348.jpg

DSC_3363.jpg

ここは、夜中に散策するのがオススメです。
今にも出てきそうな雰囲気を味わえますよ。

「セパハン化とトレイルキット取り付け 」へのコメント

トレイルキット 残念! 私的には最もインプレッションを知りたかったパーツだったのですが・・・・
(個人的に付けてみたい気もアリアリです。)

yamatonさん、こんばんは~

無理すれば付けたままでもよかったのでしょうけど、現状ではリスクのほうが大きかったので見送ってしまいました。。
トレイルキットとトップブリッジの製造元が同じなので、ここら辺のマッチングはしっかり取ってあるんだろうなぁ~と思いきや・・・です。

私が購入したトレイルキットは、取り付けはしましたが荷重はかけないまま取り外したので痛みは無いと思います。
yamatonさん、私の代わりにインプレいかがでしょうか?(笑)

なんとなんと、Buell用と謳っていても、不具合があるパーツがあるんですね! 
海外製だからかと思いきや、日本製でも某社フェンダレスなんかは評判悪いですもんね・・・
こればっかりは、ネットショッピングだと判断が付かないので、
ビューエル始めました。さんのBlogは、何人ものBuell乗りを救っているのでは!?
ちなみにワタクシは、腰が痛くなるのでセパハンは遠慮しときます^^
でも、あえてライトニングでカフェっていうスタイルは大好きですよ^^

ジョン吉さん、ちわー!です。

どうやらイタリア人は、あまり細かい事は気にしないようです(笑)
私のBuellは色々な物をゴテゴテと付けてしまいましたが、やはりノーマルで乗られている方のほうが圧倒的ではないのでしょうか。。
(私自身、前車の事故等が無ければノーマルで乗っていたと思います。)
それでもここを見て参考にしていただけるのであれば、書いてよかったなと思えますね~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「セパハン化とトレイルキット取り付け 」へのトラックバック

http://buellhajimemashita.blog84.fc2.com/tb.php/75-8cbfe783

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。