スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイビーム時の2灯化

S系のヘッドライトは、ハイビームにするとロービームのライトが消えてハイビームのライトが点灯します。
1灯でも明るければ問題ないのですが、これがまた思いのほか暗い。
ハイビームを使う場面といえば周囲が真っ暗な状況ですから、しっかりと視界を確保できなければ事故にもつながりかねません。

そこで今回は、ヘッドライトのハイビーム時2灯化に挑戦してみました。
方法は何通りかあるようですが、なんせ素人なので一番簡単そうな方法でやってみます。

やり方は至って簡単。
ヘッドライトをつないでいる車体側かヘッドライト側のカプラのどちらかを選んで、黄色とオレンジの配線を入れ替えるだけのようです。

つまり、黒、黄色、白、オレンジの順番でカプラに並んでいる配線を、黒、オレンジ、白、黄色とするわけです。

配線を抜くには、カプラに刺さっている端子を抜かなければいけませんので、端子抜き工具か細い釘のようなものを使います。

今回は、ヘッドライト側のカプラを選んで、端子抜き工具を使ってやってみます。

DSC_0201.jpg

こいつで端子を固定しているカプラの爪を浮かせてあげて、配線を引き抜きます。


すでに配線入れ替え後の画像ですが・・・

DSC_0202.jpg

配線側の爪を外すのも忘れずに。


この方法は、単純にロービームの配線とポジションランプの配線を入れ替えただけなので、ハイビーム時にポジションランプが消灯してしまいます。
もうひとつ注意点として、キーをパーキングにするとポジションランプではなくロービームが点灯します。
私の場合、キーを勢い余ってパーキングにしてしまったまま気付かずに放置していることがよくあるので要注意です。

まぁ、ひとまずこれで夜間の視界は確保できたのではないでしょうか。

「ハイビーム時の2灯化 」へのコメント

なるほど… 為になりますね~
私は、バイクの夜間走行はなるべく避けているのですが、ライトが明るくなるのは、ひじょーにイイですよね。 パクらせて戴くことになろうかと…

yamatonさん、こんばんは~

私も夜間に走行するのは極力避けているのですが、それでもやはり帰りが遅くなってしまう時があります。。
本当は、スイッチボックスのハイビームの配線とパッシングの配線をうまくつなげることができればベストなのですが・・・。
yamatonさんも、いざという時のためにぜひぜひお試しください~

確かに、ハイビームは2灯のほうが合理的っすね。
あっしも参考にさせてもらいやす!

ジョン吉さん、わんばんこです~

私の場合、ハイビーム1灯のときは、結構パッシングを押しながら走っていたりしてたので、これでようやく解放されそうです(笑)

yamatonさんもジョン吉さんも、もし余裕がありましたらスイッチボックス加工のほうも挑戦してみてもらえんでしょうか??!
そうしたら逆に私が参考にさせていただきますので(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「ハイビーム時の2灯化 」へのトラックバック

http://buellhajimemashita.blog84.fc2.com/tb.php/76-05f3f737

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。